年商4億を目指すには「最初の1」を得ればいい!個人起業の仕方

個人マーケティング 物を売る

起業をするうえでは、なかなか芽が出ない苦しさを味わった後に、
皆が成功を収めていくものです。

あのアメリカ大統領のトランプさんだって、
取引のあった数々の銀行に頭を下げて下げて下げて・・
苦境を乗り切った経験もあるんです。

誰だって一朝一夕に成功を収めたわけではありません。

昨日の夕方のニュース番組では
宮崎県で年商4億を叩きだす主婦社長さんの
特集が放送されていました。

ちょっと興味深かったので記事にして居ます。
 




主婦から社長として認められるまで

築地さんは49歳の女性で
8年前まで、専業主婦だったと言います。

今は、活魚を日本各地に卸す業者さんの社長さんで、
朝3時から夕方まで働き詰め。

でもそのお顏は、扱われているお魚と同様
とても活気に溢れていました。

魚市場等に行っても、男社会故、
最初は、「女なんか~」という、色々な
嫌がらせを受けたようです。

「お前の所なんか いつでも潰してやる」とまで
言われたこともあったそうで、
マイナス1億を経験したこともあったと言います。

でも、その人柄、仕事ぶりが評価され
現在は年商4億の社長さんになりました。
 

なぜ専業主婦から社長へ?

築地さんの御実家は、もともと祖父の代から続く
活魚の会社を営んでいたといいます。

それを結婚を期に旦那様が継いでいたのですが、
8年前の離婚を期に、築地さんが引き継いだとのこと。

実家の会社を継ぐ・・

それは世間一般の主婦起業を立ち上げたいと思って居る
女性にとっては、うらやましい限り。

築地さんは、確かに素晴らしい業績を
残されている偉大な社長さんなのですが、
もともとの基盤があったという、
スタート地点の大きなリードを感じます。
 

0から1へ進める努力 年商4億への道

築地さんの場合の起業においては、
経営手腕が問われることはあっても
こと設備面等に関しては、おそらく出来上がって居たと
思われます。

そのように、よくTVなどで紹介される女性社長さんは、
もともと旦那様が起業していた、とか
旦那様が資金を出してくださっていた、などなど
後ろ盾がある事が多いんですね。

それを知ると、私たちは大抵
「そんな恵まれた環境は、私にはないし・・」と
諦めてしまいます。

ただ、これを「羨ましい」とか「だから成功出来たんだよね」
なんて嫉妬して居た所で、何も私たちにプラスにはならないと思うんです。

ある程度の所まで行けば、
あとはグングンと加速が付くんだ!とそう解釈すればいい訳で。

下地さえ出来れば、分野によっては
女性だって主婦業をしながら年商4億に行くという事ですもん。

0から1にするのは、とても難しいですが、
1になってしまえば2にするのは、もう少しカンタン。

2から4になるのは、もっと簡単!

4から8へ。8から16へ・・と
どんどんと仕事は、収入は、加速が付いていきます。

だから、まず0から1になるように準備をし、
固定客を捕まえれば大丈夫(^_-)-☆。

・リピーターさんになって貰えれば
・専属契約が結べれば、
・下請けに成れれば・・

色々な方法でお付き合いが継続していけば
あっという間に利益は膨らんでいきますから♪

まずは、サービスでもグッズでも
売れる商品 を見つけてみましょう!

そうすれば0から1に STEP UP できますよ。