儲からない起業を卒業!金持ち起業家になるには?幸せになるお金の受け取り方

お金の受け取り方

お金は天下の回り物・・と言いますが・・。

お金を支払う時、あ~高いの買っちゃったな・・等
毎回後悔したりしていませんか?

ビジネスでお金を頂くとき、
沢山頂いて申し訳ないな・・とか
これじゃ、少なすぎるよ・・( ノД`)なんて思ったりしていませんか?

その「お金の出入り」に載せている感情、それが良く無いものだと、
お金に縁のない生活、お金に好かれ無い人 になってしまいます。

今日はお金に好かれる体質に変われるお話です。
 




金持ち起業家への第一歩

ビジネスにおけるお金に対する教育として、

・稼いだお金は一人で抱え込むのではなく、
世の中に回していく事が、よりお金を呼び込むよ。

・出したお金は、お友達を連れて戻ってくるよ。

・自分がお金を支払うときには、
感謝の気持ちをもってお支払いしましょう。

等とよく言われます。

では、お金を支払うときではなく、
反対に「受け取る時」には、どうなのでしょうか?

お金を支払ってくれるお客さん等に対して、
どのような気持ちでいる事が必要なのでしょうか?

 

お金のやり取りは 感謝のやり取り

お金を支払う時、通常は、その受けた恩恵に対して
「ありがたいな」と思いながら支払う事が多いですが、

反対に、「支払いたくないな・・」と思う事もあります。

それは、お金を受け取る相手が、
自分の事しか考えていない時です。

何度か経験したことがあるのですが、
(恐らく同じような経験をされた事のある方も多いと思います)

お客が商品を購入しようと思うときに、
その販売員さんが、お客に考えさせる間を与えずに、
弾丸トークで売りつける事があります。

私の場合は、

●某商品の販売員をしていた際、
営業用のパンフレットを「これもこれも」と勝手に増やされ
無理矢理 買わされた。加えて 小学生でも
出来るようなごく単純な会計を(意図的に?)間違われ、
多く取られそうになった。

●漢方薬を頼み、支払いを済ませた後日、
何の連絡も無しに、追加の漢方薬を送りつけられ、
「これも飲まないとダメ!」と追加料金を払うように
言われた。

●某治療院に通って居た際、
「これを飲まないと治療だけでは良くなら無い!」と言われ、
その場で高額な健康食品を買わされた。

その時にされた営業トークは、どれも瓜二つ。
悩む間も与えずに、当然の様に「これも!これも!」

と商品の追加をしてくる営業法。

このような販売方法は、勿論販売する人だけの
利益を考えたものであり、お金を払う人の事は
考えていません。売上さえ上がれば、そのお金の意味は
関係ないと販売者側は思っているのでしょうね。

自宅起業

でも、そうやって支払ったお金に関して、
人はありがたい、と思うでしょうか・・?

なんとなく心が満たされないものだと思います。

本来、人がお金を払うときは、
受け取ったサービスに対する感謝の気持ちの対価としてです。

ありがとう という愛があってこそ、
初めてお金の価値が生まれます。

愛の無い金銭のやり取りは、
価値のない ただのコイン交換です。

結果として儲からない起業になってしまう可能性もあります。
 

お金の受け取り方 幸せな起業家になるには

ビジネスで成功している人達は、口をそろえて言います。

お金は人から奪うものではない と。

さて・・

未来

あなたが提供するサービスや商品は当たり前のものとして、
その他にどんな価値をお客さんに
提供することが出来るでしょうか?

他の人から購入するのではなく、
あなたから そのサービスや商品を購入する意味は
何でしょうか?

その付加価値がある時、お客さんは、
商品・サービスとお金と交換するのではなく、
感謝の気持ちの対価として支払いをしてくれます。

その時、初めてビジネスは、
成功への階段を登り始めるのだと思います。