お勧めアクセス解析!Ptengineの解析タグをプラグイン無しでWordPressに貼る方法!

ネットビジネス成功の秘訣

Ptengineというサービスが面白い!
簡単にページ解析をしたい方にお勧めのサービスです。

アクセス解析などには、Googleアナリティクスなどもありますし、
WordPressにはJetPackなどでページ解析ができます。

ただ、どこをクリックされたり、
どの辺が良く見られたりしているのか・・・?

そこまでは確認できなかったり、そんな機能を使いこなすのが
難しかったりします。

ところがこのPtengine。

一目瞭然でクリックされている箇所などが分かるんです。
無料でも使えるので、その使い方のお話です。
 




Ptengineはどこが便利?

リアルタイム解析など、通常出来るタイプの
話は抜きにして、直感的に確認できる解析が、これ↓

ヒートマップ解析

ヒートマップ

※Ptengineのサイトからお借りしています。

ユーザーのサイト内での行動をサーモグラフィーで見える化!
ヒートマップ機能もついた次世代アクセス解析ツール です。

クリックされている辺りが赤く色が変わって見えるんです。

私たちはHP作成者目線でサイトを見てしまいますので、
意外と気付かない所ってあると思います。

「ここをクリックしてほしい!」と熱い思いを持っていますが、
果たしてそれがサイトに来てくれたお客さんに通じているのか?

それが分かります。端的に分かります。

これぞ私達サイト作成者に取って、欲しかった機能です。
データを読み説くのが苦手な方にもお勧めです。
 

1ページ 無料で使える!

このサービスは有料なのですが、
1ページ解析であれば、無料で使えます。

まずは最初に無料で1ページ解析してみるのも良いでしょうし、
若しくは有力商品のみの解析で十分でしたら
ずっと無料で使用しても良いと思うんです。

Ptengine の右上に「無料登録」とありますのでここから登録しましょう。

無料登録

 

WordPressでも使える?

ただ、解析タグを貼る時につまづくかもしれません。

タグの貼り方の説明として<body></body>間に貼り付けて下さいと
指示が出るんですが、もしもwordPressに貼ろうとしている場合には、
この<body></body>間というのが無いんですね。

で、各種ファイルをいじるようなやり方もネット上で出ていますが、
実はとっても簡単な解析タグの貼り方があります。

サポートセンターで確認しています。

解析したいページ内のどこでもいいので、
Ptengineの解析コードを<div></div>で囲んで居れる。

それだけです♪

<div>Ptengineの解析コード</div>

 

※<div>は、ここではタグとして認識されないように
表示上<>を大文字にしてあります。
ご利用の際には小文字に修正してください。

プラグインを使う方法もありますが、
たった1ページ解析の為にプラグインを入れて
万が一不具合などが出ても困りますし。

この方法が最も簡単に、Ptengineを無料で1ページ解析する方法です。

是非お試しくださいね。