ネットショップ 売上UPセールストーク術!成功するコツとは!

06f191293fdd23859002bd56e346ef25_s

「売れる話し方」と言うのがありますが、
私も会社員時代、営業をしていたことがあるんです。
実はその営業は、上手くセールスするのではなく、
わざと素人っぽさを出すというセールストーク術でした。

何か そういうのも 嫌らしいですけれどね。。
そんなセールストークは意外と商品が売れるんですよ。

お客さんは、あまり口上手にトークされると怖くなるもの。
ちょっと素人丸出しの、販売員には心が緩んでしまうものなんです。

人をリラックスさせて販売するという方法も
セールスの世界ではあるんです。

セールスされる=購入する立場の場合には、
気を付けないといけませんが・・(笑)

さて、今ここでは売る側のお話です♪

ネットショップにおけるセールストークやセールスレター。
あなたはどのように作っていますか?

ショッピングカートに商品を並べているだけ?
もしそうだとしたら、それだと、なかなか売れませんよ。

今日は、あなたのお店の商品が売れ出す
セールストーク術についてのお話です。




 上手くいくセールストーク 成功するコツ

私自身は、先ほど書いたように
素人丸出し営業法(?)しか会社員時代に勉強していませんので、
なるべく色々なセールストーク本などを読むようにしています。

そこで、昨日セミナーへの行帰りの電車の中で読んでいた本↓

成功する話し方

これは 実際に外での営業周りをしている方用の本ですが、
HP作成にも使えそうでしたよ。

この本の中では、説明するだけでなく、
目からも訴えるように 資料を作ったり、する事が書いてあります。

HPの場合は、まさしく 目で見る資料。
声の代わりに文字を載せていくことが、
ネットショップの要の部分ですものね。

通常のお仕事では「話し方」は収入を決める一部分かもしれませんが、
私たちネットショップ店長にとっては、文字=文章が
収入を決める100%といっても過言ではありません(;´・ω・)。
 

商品販売は、どんなセールストークが大事なのか?

本では、この様に説明されています。

〇 売れないセールスマンは 商品の良さを説明する。
〇 売れるセールスマンは 商品を買う事で発生する夢を売る。

ネットショップ未来

私たちネットショップは 商品説明ページに、
うっかり商品の機能だけを掲載していないでしょうか?

大手になればなるほど、ショッピングサイトは
まるでカタログのように、スペックだけが記載されていますが、
それを私たち個人事業主は真似をしてはいけません。

セールストークは、その商品を持つと、

どのような良さが生活において広がっていくのか?
どんな未来がやってきて、どんな感情がもたらされるのか?
どんな夢が叶うのか?

 

それを説明するべき。
それを忘れては、物は売れないのです。

※ただ、HP作成において、「夢」ばかりを語っているサイトも
良く見かけますが、 やりすぎるとお客さんは引いてしまいます。
その辺の「さじ加減」は重要です。。

商品の良さの説明後、 商品を持つ事で得られる夢を、ちょっぴり語る

 

私たちがネットショップ作成においてしなければならないのは、
素敵な本の読後感 のようなページを作成すること。

読んだ人がリラックスしながら未来を夢見ることができる。
それが 売れるページを作る方法です。