ハンドメイド販売 個人ネット販売で住所を知られたくない 2対策! 私書箱や住所貸し   

ハンドメイド販売 ネット販売の住所を知られたくない 非公開対策

手作り品販売・ネットショップ等のネット販売を始めとした 自宅でお仕事をして居る場合「ネット上に住所を出したくない」「住所を知られたくない」。そんな方も多いと思います。
 

また、発送する際にも自分の方の住所などをお知らせしたくない、というお気持ちも聞くことがあります。そんな時に使える「住所貸し」や「非公開にする方法」のお話です。
 




ネットショップの住所貸しや住所の非公開について

購入してくださる方には、配送先のご住所・お名前・電話番号は出すものと分かってはいる。そしてお客さんが住所などをお知らせしてくださっていて、販売する側が「住所などを教えない」で販売することは、無理だと分かってはいる。
 

けれど、個人で ハンドメイド販売 や、ネットショップを運営する場合など、防犯上、住所は知られたくない。非公開にしたい。そう思う起業家は沢山います。お客さんはお店を信頼して住所を教えたとしても、私達起業家は、誰もが見ることが出来るネット上という世界にも繋がる空間に、住所を載せる事が不安になるのは、誰もが同じです。
 

では、そんな時どうしたら良いかというと2つ考えられます。
 

ネットショップの特定商取引のページの内容

ネット販売を行う際、通常の「特定商取引法のページ」の書き方・表示すべき内容は、下記の通りです。
 

・店舗名
・運営統括責任者
・電話番号
・Eメールアドレス
・店舗所在地

 

住所はフル表記が基本です。これらを表示しないと販売してはならない、となっています。
 

ネットショップ(ネット販売)個人住所を表示しない(非公開)方法1

 

「請求があればメールにて住所をお知らせします」と表示する
 

実際の住所をネット上に出すことに不安を感じるのは、誰でもあります。良いか悪いかは別として、住所を載せていないネットショップも確かにありますよ。住所を全て表示せず○○県○○市等として「請求があればメールにて住所をお知らせします」と表示することは可能です。
 

その場合には下記のようなネット販売者が多いです。
 

  • 注文生産商品。

  • 途中何度かお客さんとのやり取りが必要な商品。

  • 到着後の支払い。

  • サイト上に沢山の商品事例を載せている。

  • せめて県名・町名迄は表示している。

 

住所をある程度まで非公開としていても、購入までの間に信頼してもらえるシステムになっているお店ということですね。
 

法律改正は時々あるかもしれませんが、以前も今も(?)「問い合わせがあれば住所などをお知らせします」という表示はできますので、そういう住所表示のお店も確かにあります。
 

私も住所表示していない某店のファンだった時期があります。サイトの作り方によっては、住所が全部掲載されていなくても、信頼性が抜群になる事もあり得ます。
 

(※記事執筆時点です。但し 今後、制度改正が行われる可能性もあります。)
 

ただ、出来る限り隠す部分はない方が、もちろんお客様は安心して注文できると思います。
 

ネットショップ(ネット販売)個人住所を表示しない方法2 

 

レンタルオフィス・住所貸しを利用する
 

最近では、レンタルオフィスを借りる人もいます。例えば、机だけを使えるような共同利用のオフィスなどもあります。このようなサービスを利用すれば、発送時の住所にも使えます。
 

きっとご自宅の傍にもあると思いますよ。月額1万円程度から借りることも出来ます。
 

また、レンタルオフィスよりも、もう少し簡易的な、バーチャルオフィスと言うのもあります。
 

賃貸で事務所を用意しようとすると、高額な費用がかかります。少人数向けのレンタルオフィスを借りるにしても、やはり月額費用は万単位でかかります。また自宅で仕事できるのだから、そもそも事務所は必要ない。でも自宅住所をネット上や名刺で公開するのはリスクが高すぎる!そんなお悩みを解決するのが「バーチャルオフィス」
 

主要都市のオフィス住所が欲しい!という方にも最適です。バーチャルオフィスは例えば、
 

  • バーチャルオフィスの住所を名刺などに書くことができる

  • 電話応対を代わりにしてもらうことができる

  • 郵便物や宅配便の取り扱いをしてもらうことができる

  • 会議室が利用出来る

 

などなど様々な対応が可能です。
 

保証金や敷金、月々の賃貸料などの初期費用もかからず、都心などお好きな住所を借りてお仕事ができながら、賃貸事務所のコストと比べると数百万単位で費用を抑えることが出来ますよ。電話回線工事などもなしに、電話や荷物も転送してもらえます。
 

格安のバーチャルオフィスにはどんな所がある?

例えばバーチャルオフィスサービスの老舗では、その住所を使って法人登記することができる SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィス karigoがあります。
 

karigoは全国35の地点にオフィスがあります。様々なプランがありますが、一番安いのは、月額3000円程度から。ネット上に住所を載せる事も出来る安心料込と考えると、安い金額で使う事が出来るサービスです。
 

どのプランでも会議室が無料で利用できますし、プランにより転送電話や電話秘書代行も使えます。法人登記も出来ますよ。
 

格安バーチャルオフィス Karigoはどんなところ?

 

これからの時代は、起業する人が今まで以上に増えていきますので、こういうバーチャルオフィスは利用する人も増え、提供する企業も増え、バーチャルオフィス全盛の時代が来るのではないでしょうか。
 

でも、時代の流れでバーチャルオフィスを提供する企業が増えれば増えるほど、やはり私達利用者としては、業界で老舗の会社のサービスを利用したいところです。安心の為にオフィスサービスを利用しているのに、その企業に不安を抱いては元も子もありませんものね。
 

その点、Karigo は2006年から運営され、もうじき12周年。また、karigoは全国展開しているため、使いやすいオフィスも見つかると思います。
 

全国展開しているバーチャルオフィスのkarigoの詳細は下記から見れます。
 

SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィス
 

おまけ:個人向け私書箱

 

個人向け私書箱について

私の自宅の傍にも「バーチャルオフィス」も「レンタルオフィス」もあります。それと「個人向け私書箱」もあります。
 

ただ、個人向け私書箱に関しては、少し規制が厳しくなっているそうです。郵便物の受け取りなどは出来ても、個人向け私書箱の住所は、ネット上に載せたりしてはいけないと数年前に変わっています。
 
なので、個人向け私書箱は、残念ながらネット販売には使えません。

 

ネット販売やハンドメイド出品などで自宅住所を知られたくない! まとめ

 

気軽に販売出来るネットショップではありますが、本来は、住所を載せたくないのならば、小さな実店舗を持って、その住所が使えれば一番良いかもしれません。私の知り合いは、駅から少し離れたところに月5万円の家賃で事務所を借りました。
 

また、私の自宅マンションの1Fにも、ネット用に店舗を利用している店がありますが、光熱費を節約しながら場所だけ使いたいのか、一日中電気がついていません。お店の人の姿も見えません。倉庫として使っているか、恐らくネット販売の為の住所用だと思います。
 

とはいえ、賃貸事務所は、当然費用がかさみます。敷金・礼金など、初期費用もぼ~んと多額にかかり、維持固定費は、ずっとかかり続け、トータルコストは莫大です。そのコストが圧迫してお店が潰れてしまうという事が多々あり、上記二人のうち、一人は1年でお店自体が潰れました。
 

なので、ハンドメイド品販売を始め、普通にネット起業する人にとっては、賃貸事務所はリスクはあっても、利用価値はなさそうです。バーチャルオフィスが一番、費用面も、利用内容においても納得の行く出費として考える事ができると思います。
 

バーチャルオフィスは、ネット起業家にとって「必要なものが、必要な分、必要な時に」使う事が出来るシステムです。
 

オフィス代は経費に出来ますし、人はお金をかけると「やる気」も出てきたりするもの。気軽に利用しやすいうえにお得です。
 

※特定商取引法は時々法改正が有ります。消費者庁の特定商取引法に関するページ には、法改正が載って居ます。時々チェックしてみてくださいね。

 

バーチャルオフィスQ&A

以下、Karigo の場合です。
 

Q.荷物が届いたら?

 

A.荷物転送は、即時転送・週末転送・月末転送などがあります。届いている荷物をひとまとめにして、指定の住所へ送って貰えます。店舗引取に関しては、実施していない店舗もあります。
 

Q.レンタルオフィスとどう違うの?

 

A.月単位で利用のレンタルオフィスや、時間単位で利用出来るレンタルオフィスもあります。レンタルオフィスはOA機器などもそろって居ることが多く、便利なのですが、手続きが大変だったり、時間単位のレンタルオフィスでは、使い方に寄っては費用が割高になったりしてしまいます。レンタルオフィスは、仕事場が無い方にお勧めです。
 

対してバーチャルオフィスは「住所貸し」をメインとして居る為、作業場、仕事場としては困って居ない方が、ネット上に住所や電話番号を載せたくない。そんな時に適して居ます。
 

法人登記もできます。SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィス
 

同じ会社が運営する 転送電話サービスToones転送電話 もあります。格安です。
 

Q.そのほかのバーチャルオフィスは?

office
バーチャルオフィス ナレッジソサエティ
 

A.東京千代田区の銀行所有のビルでのシェアオフィス・バーチャルオフィス「ナレッジソサイエティ」も人気です。会員は無料で使える、来客応対や少人数の打合せなどに最適な「ミーティーングシート」や、女性起業家に人気の「パウダールーム」も完備されています。九段下駅から徒歩30秒で、法人登記可能です。
 

バーチャルオフィス館内のバーチャル見学は、下記から見ることができます↓
 

東京都千代田区に登記可能!【ナレッジソサエティのバーチャルオフィス】
 

独立開業するときの保険の話

独立開業する際、年金や保険に関する心配が出てくると思います。そのことに関しては、下記(他サイトですが)まとめています。ご参考にどうぞ。

独立起業時の年金 保険など【老後の保障を増やす6つの方法】