仕事の成果が出ない理由。成果を出すには これをする!

最近、というより、ネット社会は 情報社会故、
さまざまな情報商材が出回って居たり、
仕事の方法やアイデアが、多すぎるほど身の回りにあります。

そこで良く言われるのが「情報過多」による思考停止。

あまりにも色々な方法を見聞きしすぎて
頭も体も動かなくなってしまう あれです。

特に勉強が好きな人や、完璧主義の方などが
陥りやすい罠で、気付けば情報収集ばかりに
時間を費やしてしまいます。

情報強者は成功し、
情報弱者は失敗してしまいますが、

情報過多もまた、失敗してしまうのです。
 




仕事で成果を出すのはどんな人?

なかなか成果が出ない時、それはインプットばかりの時です。
成果が出るときには、とにかく得た情報などをもとに
行動を起こしているものです。

どんなに小さな情報だったとしても、それをまず試してみる!
一歩踏み出してみる!

何でもいいから実際にやってみる! それが成果を出す人です。

色々勉強した後に、
「ふ~ん。そういうのもあるんだ~。なるほどね~」
と感心して、次の情報を求めに行く人が意外と多いです。

でも、感心するばかりでは無く、
一つの情報で一つ以上の行動をするくらいの方が
成果は出やすいです。

やってみて、ダメだったらダメだって事が分かるだけ。

エジソンの

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、
うまく行かない方法を見つけただけだ」というのと同じです。
 

本の読み方

本を読むときだって、全部を頭に入れる必要はありません。
読んで注目したポイントを実践してみて、
上手く行かなかったら、また他の方法を試して・・。

というように、本は読んで知識を得るための物では無く、
行動するための何かを探しに行く為に使うと良いです。

成果を出せない人は、知識を得てから
行動するまでの時間が長いと言われています。

だから、ここを短くすれば成果が出るという訳です。

疑問があったら、すぐに聞けばいいし、
読んでみたい本があったら、すぐに流し読みでもすれば良いし、
何でもやってみると少し前に進めます。

勉強ばかり、情報収集ばかりしている人は、
それで満足してしまい、勉強や情報収集をして居ることに
快感を持つようになってしまうと言われています。

 

成果はいつ出る?

成長曲線の事もここに書きましたが、
最初は上手くいかないかもしれません。
だけれど、そこを我慢して行動を続けましょう。

続けて続けた先に、成果が待っています。

大抵の人は、そこまで我慢できずに諦めてしまいます。
だから人より成果を出したいと思ったなら、
成功するかしないか、成果を出せるか出せないか?
そんな事は考えず、ただただ行動してみましょう。

億万長者になる お金を生み出す26の行動原則もおすすめです。