家事をやりたくない時に。脳を騙して 行動・効率UPする方法!

7d8b88343269407e454f6a78700d3ab0_s

やる気が出ない時ってありますよね~。
どうにも体が動かない・・やりたくないよ~と。

そんな時、どうしていますか?
根性で頑張りますか?
諦めて休んでしまいますか?
それともダラダラとなんとなく作業をこなすでしょうか?

人それぞれだと思いますが、
実は脳を騙すと、簡単にやる気アップ!出来るのです。

無理せず楽しく、やる気を出し、
効率よく作業をこなすためには
どうすれば良いのか?

そんな話を聞いてきました。
今日は私が参加した有名な脳科学者の先生のセミナーの
お話です。

あなたのやる気のない日に、きっと効果を発揮しますよ♪
 




 脳科学の 池谷裕二先生

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ・・と分かってはいるけれど、
どうにもやりたくなくって、
なかなか始められない時は、誰にもあります。

実は先日、東大で脳研究をしている
脳研究者 池谷先生の講演会に行ってきました。
↓先生の本。脳科学者・茂木先生のお友達です

先生のセミナーにて やる気の出ない時の対処法 も
教えて頂きましたのでご紹介いたしますね。
 

脳の仕組み

実は、人の脳は、心を動かしている訳ではないそうです。
なので、悲しい時でも笑顔を作ると脳は幸せなんだな・・と勘違いし、
またガッツポーズをしてみると、同じく脳は嬉しいんだな・・と
勘違いするそうです。 では、

ガッツポーズをしながら、悲しい顔をすると、
脳はどちらを優先するのでしょう?(笑)

答えは、ガッツポーズを優先し、脳は喜びを感じるそうですよ。

ということは・・・。

これを日常生活に活かすには、
自分がやりたくないな・・という作業があるとき、
脳がやりたいな♪等と思い始めることは無いので、

まず先に 体を動かす!

そうすると、脳が後から付いてきて、
なんとなくやる気になれるそうです。
 

家事をやりたく無い時 私も脳をだましてみた

試しに、私も、例えばキッチンに溜まった食器を見て、
食器洗いをしたくないな・・と憂鬱になった時に

(↑規模が小さくて すみません)

いやいやながらも、とりあえずキッチンに立って洗い物を始めると、
不思議な事に、どんどんとペースに乗り始めて洗い物が進みます。

とっても不思議なのですが、とても効果があります。
脳を騙しながら生きていく事は、とっても便利。

ぜひ、お仕事やりたくない時、お勉強したくない時、運動したくない時、
家事をしたくない時、などなど。
色々な日常生活にお試しくださいませ。