ネット起業法 主婦でも出来たネットショップ開業方法まとめ 仕入れ法や無在庫販売法、ハンドメイド資格取得なども

ネット販売の業界は 2015年1.3兆円。2016年1.5兆円。2017年1.8兆円 へと成長しています

個人ネットショップ仕入れ先おすすめ3つ【1点~大量】商品選びコツや仕入れ法・問屋探し方 まとめ 

個人仕入れ

ネットショップを始める予定の方、既に開店されている方、自営業の商品の品ぞろえを増やしたい方など 商品の仕入れ先を探して居る方に。
 

個人のネットショップ開業でも自営業でも、誰でも個人で「1点から」や「少数ロット」「大量仕入れ」も可能な、初めてでも使いやすい仕入れ先・仕入れサイトのご紹介しています。また仕入れの方法と商品の選び方のお話もしています。
 

主婦でも、サラリーマンでも個人で仕入れできる?どこで出来るの?どうやって問屋へ問い合わせていいの?基本の交渉方法や、仕入れのやり方、問屋の探し方・見つけ方。商品の選び方。仕入れサイトってあるの?海外雑貨も日本で仕入れ出来る?どうすれば卸をしてもらえるの?などなど。
 

そんな不安にお答えします。
 


個人で仕入れる方法

商品の用意の仕方としては、自分で商品を作成するほか、下記の仕入れの仕方があります。もくじになっていますので、ご希望の項目からどうぞ。
ネットショップ仕入れ法もくじ

1.ネット仕入れサイトから仕入れる
2.自分で仕入れ先を探して仕入れる
  2-1.補足 商品の選び方
3.海外から仕入れる
 

仕入れの方法1 ネット問屋や仕入れサイトから仕入れる

 

簡単に仕入れをしたい時には、個人事業主であっても、ネットの仕入れ問屋や仕入れサイトから注文できます。オリジナル商品だって、海外雑貨だって、家具だって、食品だって恐らく欲しいものは何でも揃えることができます。下記ネットからの仕入れ先3つです。
 

仕入れ先1:オリジナル品を簡単仕入れ 1点からOK BASE

 

最近、香取慎吾さんがイメージキャラクターでCM放送されていますね。ご覧になりましたか?無料ネットショップ作成サービス BASE
 

BASEでは、オリジナルスマホケースや、Tシャツが1点から作ることができます。仕入れし、販売ができるアプリがBASEサイト内にありますので、BASEに登録すると、それが使えます。
 

スマホケースも・・

自分のイラストや自分で撮影した写真を使ってスマホケースやTシャツを作成販売すると、店主自らクリエーターになれます。また、お客様からのデータを預かってお客様希望の商品を作るのも良いと思います。ペットの写真で作ってあげるとか、色々な方法があると思います。
 

なにより注文を受けてから1点でも作れるのが良いですよね。在庫を抱えるリスクもなく、オリジナル販売ができるのは強みです。
 

実は、私自身は、某商品の名入れなどのオリジナル品を長年販売しています。当然、名入れですので、注文を受けてからの作成販売であるだけでなく、返品もありません。
 

そういう点でもオリジナル品作成販売というのは、個人事業主にとって、安心な販売方法です。
 

BASE は無料で登録出来ます。
 

タレントの三戸なつめちゃんも、ここで絵本を販売しています。また最近は、ネットのみならず渋谷にBASEショップも開店し、勢いのあるネットショップ作成サービスの一つです。 

便利なネットショップサービスを利用すると、ネットショップ開店+商品の仕入れも出来るということで、一石二鳥のサービスです。
 

おすすめ オリジナル品を1点から作れる
おすすめBASE 
 

仕入れ先2:問屋サイト1点~複数!何でも揃うネッシー 

ネット仕入れ問屋「ネッシー」おすすめ

仕入れ卸サイト
 

↑は一例です。家具から世界の雑貨から各種部品まで!何から何まで他種多様!何でもあり!驚きの品ぞろえです。問屋さんなので見た目は地味なサイトですが、毎日何千件も新しい商品が登録されています。
 

ネッシーはどんな所?

 

ネッショーは一度登録するだけで、色々と自分で問い合わせる必要もありません。仕入れ先との登録申請においても、少しの勇気や緊張感も必要ありません。ボタンを押すだけで取引申請から問い合わせ、注文などすべてが完結します。
 

パソコンの前でポチポチキーボードを打つだけで仕入れが可能です。なので仕入れのマナーなどが分からなくても、仕入れができます。
 

テスト販売にも最適

ネッシーは1点からの注文が可能な商品も多いので、お気に入りの商品のテスト販売も出来ます。お店の品ぞろえが少ない時、商品ラインナップをを増やしたい時に、少量から仕入れてみることができます。
 

大量仕入れも可能

1点~売れ筋の商品を大量仕入れまで、様々な商品を様々な個数で仕入れることが出来ます。ネットショップを運営したい方には、好きな商品に囲まれたいという方も多いと思うのですが、バラエティに富んだ豊富な商品を集めたい、この商品は少数で、この商品は多数欲しいというような、そんなネットショップ店長さんにも最適ですよ。
 

顧客直送商品を上手く活用する

また、顧客直送してもらえる商品もあるので、その場合、仕入れずに販売サイト上で商品紹介ができます。顧客直送可能で、画像使用可の商品も多いので、誰も目を付けないような、珍しい商品を探し、画像だけお店に掲載しておけば、一切の費用はかかりません。注文が入ったら、メーカーに発送依頼をだすだけです。
 

結果、この方法だと、資金なしのお試しネットショップも始められます。
 

ネッシー内には、下記の表示がありますので、一目瞭然で、顧客直送や画像使用可否がわかりますよ。

在庫なし販売法
 

私の場合の顧客直送商品

私もここで、自分の店の売れスジとなる商品を見つけました。うちのお客さんに適した商品を見つけたので、使い方の提案をしましたら、沢山の方に喜んで購入していただいています。その商品は、本来は地味な商品です。ですが、子を持つ母親にとっては、使い方によって夢いっぱいの、想い出をたっぷり詰め込める商品に変貌します。それで売れ筋商品となって居ます。
 

私のこの商品は「顧客直送の可能商品」なので、パソコン前でポチポチするだけで一連の仕事はおしまい。代金は自分でお客さんから回収して、卸の代金をメーカーに支払って居ます。ネットバンキングを利用していますので、代金回収と支払いもパソコン前で終了です。その差が利益です。
 

お店の商品は、私にとって可愛い我が子です。ネッシーは商品の品ぞろえが多種多様な仕入れサイトなので、実は、掘り出し物がいっぱいで楽しいです。
 

仕入れサイトを使うコツ

商品紹介の仕方に工夫をしたり、商品番号は自分の店の番号を付けたり、商品名をちょっと工夫して変えたりするだけでも、競合他社にお客さんが流れる事はありません。自分の店で売れていきます。ネット卸サイトのみならず、商品は紹介の仕方次第。売上を大きく伸ばせますので、それもまたとても面白いです。
 

ネッシーの信頼性

様々な商品が仕入れ出来る NETSEA(ネッシー) は、ネット仕入れサイトの中でも老舗です。商品の品ぞろえが多く、登録料も月会費も無料なので、私も10年以上継続して登録している会員です。
 

また、ネッシーは、カラーミーショップの仕入れ先提携サイトでもあります。なので信頼性も抜群です。
 

ネッシーの使い方 まとめ

私もネットショップに商品を掲載しておいて、注文が入った時だけネッシーにログインして注文しています。人見知りでも、仕入れ交渉が苦手でも、時間がない方でも気軽に仕入れできる。そして頻繁に注文することの無い私のようなお店でも、気兼ねなく登録できます。
 

会員登録すると、仕入れ値が見れます。
 

おすすめ 1点から大量迄なんでも揃う。会員登録も月会費も無料
おすすめNETSEA(ネッシー)
 

仕入れ先3:大量にデータで商品を仕入れ トップセラー

 

個人で大量の商品を扱う事は、通常は大変な作業となりますが、今は、データで大量に仕入れる事も可能です。
 

当サイト内:無在庫ネットショップにも!仕入れ先5つ!資金・在庫なし販売のやり方より下記引用

 

アフィリエイトやドロップシッピングで有名な「もしも」が仕入れサイトとして運営している トップセラー という仕入れ先も有ります。ここは、無在庫ネットショップ専門の仕入れ先です。
 

私はこちらは私は利用したことがないのですが、25万点の商品から仕入れが出来ます。加えて、楽天やMakeshop、Yahooショッピング等の場合には、データをアップロードするだけで商品登録が簡単に出来る機能があります。
 

月額480円で、商品数300点、
月額980円で、商品数1000点、
月額1480円で、商品数3000点
 

をセレクトできる3タイプの申し込み方法があります。
 

ネットで大手の株式会社もしもの運営ですので安心ですし、楽天、MakeShop、Yahooショッピングの利用を考えている方には、特に便利に使えるシステムと思います。

300円セレクトプラン 月額480円からあります。
 

おすすめ 大量にデータで仕入れ可能
おすすめトップセラー
 

個人やネットショップの仕入れサイト利用法まとめ

 

ネットショップを開業するとき、個数を多く仕入れないといけないのでは?とか、個人は付き合ってもらえないのでは?と思いがちですが、ネット社会の発達に寄り、個人ショップも大切に扱ってもらえるようになっています。
 

そして仕入れ先として、1~2点の注文を、たまにお願いするだけの業者さんも多々出てきます。それでも、どこの会社も丁寧に対応してくれるものです。なので心配なく登録したり仕入れできます。
 

オリジナル商品を作れる BASEと、海外雑貨から家具から食品から何でも揃う仕入れ問屋 NETSEA(ネッシー) があれば、希望の仕入れ商品は、まず揃えることが出来ます。
 

どちらも登録無料、利用料も無いので、2つ登録しても出費が無いのは有難い所です。
 

仕入れの方法2 自分で仕入れ先を探して仕入れる 

 

ネット仕入れサイト・ネット問屋からの注文は、ネット上で完結しますが、個人で問い合わせをする時には、下記の7つを連絡・確認します。
 

1.自分の姓名・店舗住所・電話番号を添えてメールなどでご挨拶

2.自分のネットショップサイトURLは必ず連絡
※このページで販売したいという旨を伝える

3.最少ロット(一番少ない卸の数量は何個からか?)を聞く

4.顧客直送希望がある場合は、それも可能か確認する

5.卸値を聞く

6.オークション販売ならば、その旨、一言添える

7.どうしてその商品を仕入れたいのか?も添えると良いです。
 

問い合わせた時に、直接、卸してくれる会社さんもあれば、仕入れ先として中間業者さんを紹介してくれることもあります。中間業者さんは、1点から仕入れ出来たり、お客さんに直送してくれる所も多々あります。上記の3~5に関しては、下記より補足しています。
 

1.商品仕入れの最少ロットはいくつから?

 

なるべく一桁単位で仕入れが出来るものを探しましょう
 

最少ロットが100や200でしたら、個人事業主として最初に仕入れる数としては、多すぎます。売れなかったら大量の在庫商品を抱えてしまいます。リスクを最少にしましょう。
 

2.顧客直送について

 

顧客直送が可能か必ず聞いてみる
 

仕入れ先にて商品の顧客直送をお願いする事が可能であれば、自分ではお客さんとのやり取りと代金回収だけ。作業量が減り、ぐんと楽になります。また何より仕入れによる商品在庫を抱えなくて済みます。
 

3.卸値について

 

卸値を聞くのは基本です。最初は60%の事が多いです
 

60%でない時には、その仕入れ先自体が正規ルートで無い可能性もあります。(※必ずではありませんが)もっと大元の仕入れ先があるかもしれません。他の仕入れ先を探してみるのも良いと思います。
 

個人ネットショップ 商品の選び方4つ

ネットでお店を作る時、人に寄り仕入れ先は異なりますが、基本は、
 

1.他の店とダブりづらい商品。
2.仕入れ値と販売価格の差が大きい商品。
3.よく売れる商品。
4.珍しい商品。
5.高額商品。
 

の仕入れ先を探すことになります。ホームページの見栄えやキャッチコピー、セールス文句も大切ですが、基本、商品の価値にはかないません。
 

どんなにデザインや動線の悪いお店でも、どんなに言葉が少なくても、商品自体に魅力があったり、なかなか買えないものだったら、それだけで簡単に売上が上がるからです。1~4について下記より補足しています。
 

商品の選び方1:楽天とかぶらない商品を選ぶ

 

まずは自分の店で扱いたい雑貨・商品があった時、楽天で調べてみて下さい。
 

もしも簡単に楽天内に類似商品が見つかったなら、それを欲しいお客さんも、あっという間にその商品を見つけてしまいます。
 

楽天では購入時にポイントが貰え、3倍4倍などキャンペーンを常にして居ますから、どうしても楽天で購入されてしまいます。
 

あなたが、楽天に加入していないのであれば、楽天に出店している店と戦っても、どうしても負けてしまう可能性があります。
 

楽天で販売されていない商品、若しくは、見つかりづらい商品を探す加、または、商品番号や商品名を自分の店様にアレンジするなども手です。
 

商品の選び方2:利益率の高い商品を選ぶ

 

仕入れ値と販売価格差が小さいといくら数を売っても、仕事ばかりが忙しくなって、売上が上がりません。
 

薄利多売は大企業に任せておいて、私たちは販売価格差が大きい商品を取り扱いましょう。出来れば1点売れば、数千円~数万円するような商品が良いです。
 

商品の選び方3:よく売れる雑貨を選ぶ

 

当然ながら、良く売れる商品を取り扱いましょう。どこかのマスコミでちょこっと紹介されたような雑貨は、穴場です。あまり大きく取り上げられてしまうと、ライバル店が沢山!になってしまうのですが、小さく取り上げられた商品は、一人でお客さんを総なめ出来ることがあります。
 

夕方4時台の情報番組などは、見ている人が少ないので、意外と穴場です。この辺で紹介される雑貨が、良く売れるのに競合が少ないことがあります。
 

商品の選び方4:珍しい雑貨を選ぶ

 

やはり珍しい商品やオリジナル商品は売れます。自分でオリジナル品を作るのなら簡単ですが、それが出来ない場合、どうやって珍しい雑貨を仕入れするかというと、先にもご紹介したNETSEA(ネッシー) もお勧めです。
 

ここは、私の感覚では、ちょっとおかしな雑貨等、沢山あります。誰が買うの?みたいな。そういう商品を見ていると面白いですし、意外とそういう商品が売れるものです。
 

店主が良いと思う商品が、必ずしも消費者に取って人気ある雑貨商品とは限りません。人が目を付けない雑貨を扱う事で、「そういう商品が好きな層を取り込む」。すると、どんどんと購入者が増えてくることが多々あります。= 他店との差別化です。
 

国内の仕入れ先や方法は、ここで終わりです。
下記は海外雑貨を仕入れしたい方への情報となります。

 

仕入れの方法3:個人で出来る!海外雑貨の仕入れ

海外雑貨仕入れと輸入販売法

海外雑貨の輸入販売というと、とてもお洒落で憧れのショップ運営の様に思えますが、意外と簡単に開業できます。
 

というより、他店との差別化が図りやすいので、利益も出しやすい分野だと思います。
 

私自身、オリジナル商品を始め、色々な商品を販売してきましたが、仕事をして居て一番楽しいのが、やはり輸入販売です!
 

海外雑貨を仕入れる方法4つ

海外雑貨を仕入れる方法としては、簡単に分別すると

  • 海外に買い付けに行く
  • 海外サイトから個人輸入する
  • 国内で安く販売している所から買う
  • 国内海外雑貨の問屋から買う

の4つになります。
 

1.海外に買い付けに行く

海外買い付けは、一番憧れではありますが、相当資金が無いと利益を出すのは難しいです。
 

1点当たりの利益率が低い雑貨の場合、往復の飛行機代と、買い付けにかかる日数などを考えると、相当な数の仕入れをしないと費用と作業量に値しません。
 

大きな利益を出せるのは一握りの人だけなのではないでしょうか?私のような普通の人には、とてもとても無理です。
 

2.海外サイトから個人輸入する

これは私も何回も仕入れしたことがあります。
 

Yahoo USAとか Amazon USA など海外サイトを閲覧し、気に入った商品があったら、クレジットカードで買うだけです。
 

ちょっと英語を読まなければならないですが、クレジットカードの入力フォーム程度の英語であれば、頑張って読んでみます。
 

ただ、心配な点としては、海外サイトにクレジットカード番号を入力するなんてやっぱりちょっと怖いな・・と思うことと、
 

例えば、ヒアリ問題とかがあったように、仕入れした商品の梱包に何も問題がないとは言いきれない事、
 

それから、海外サイトから日本に直接送ることをしてくれない業者も多い事です。その場合には、日本に輸送してもらう為の中間業者がありますので、そこにお願いする必要があります。
 

当然、手数料がかかりますので、商品代金+業者からその国内の中間業者への送料+中間業者から日本への送料がかかりますし、関税の問題などもあります。
 

また海外サイトからの商品発送においては、日本人の様な几帳面さは望めませんので、箱潰れなどもよくあります。届いた時点で商品価値が落ちてしまって居ることも多々あります。
 

海外サイトからの個人輸入は、普通に輸入する訳ですので、費用に対する利益は抜きにして考えた場合、別に点数は少なくとも購入が可能ですが、中国の大手問屋サイト アリババ等の場合には、仕入れの最少ロットは200点等ということが多いです。
 

海外サイトからの仕入れは、珍しい商品を仕入れることができますし、楽しいのですが、色々と手間暇・お金がかかります。
 

3.国内で安く販売している所から買う

上野など海外の雑貨が購入できるお店などで仕入れて転売することも可能ですが、輸入雑貨販売をするうえで、何となくそれでは楽しみが薄れてしまう気がします。
 

それに転売することをお店の人に話しておかないと、後々トラブルになる可能性もありますので、あまり気分の良い仕入れ方ではないかと思います。
 

私はこの方法では仕入れたことはありませんし、今後も仕入れるつもりはありません。。
 

4.国内海外雑貨の問屋から買う

  • 一番簡単に仕入れることが出来る。
  • 商品点数も少数から購入出来る。
  • 利益を出しやすい。
  • 商品の質も安定している。
  • かつ雑貨店運営の楽しみも味わえる。

誰でも始めやすい海外雑貨の仕入れ方が、日本にある輸入雑貨の問屋さんから仕入れる方法です。
 

このページの上の方、 何でも揃う!ネット仕入れ問屋「ネッシー」 でもご紹介していますが、海外雑貨を仕入れるにも
NETSEA(ネッシー) はお勧めです。
 

こんな感じ↓で海外雑貨に関する世界各国の商品も沢山あるんです。

ネット仕入れ

海外雑貨販売を始めるにあたり、まずはこういう国内の問屋さんから仕入れるのが一番無理なく開業出来ます。
 

セレブの方や、海外輸入に長けている事業主の方のように、海外に買い付けに行けなくとも、誰でも海外雑貨の輸入販売は、安全に簡単に出来ます。
 

また海外から沢山仕入れしている人でも、日本国内の問屋さんから仕入れるのは、商品の幅を広げることが出来、とても便利だと思います。
 

家にお気に入りの海外雑貨があるだけでも、何となく幸せを感じるものですよね。
 

ネッシーは登録料も無料で月額の会費もありません。
利用したい時だけ注文できます。
 

海外雑貨 個人仕入れ まとめ

日本で出来る簡単な仕入れとしては

  • 海外サイトから個人輸入する
  • 国内で安く販売している所から買う
  • 国内海外雑貨の問屋に登録するNETSEA(ネッシー)

海外雑貨販売を始める時の仕入れとして、ネッシーは登録しておくと、お店の品ぞろえも簡単に豊富にすることが出来るのでおすすめです。
 

関連記事
無在庫ネットショップ開業・仕入れ先4つ!資金ゼロは、在庫なし起業で解決!
ネットショップ 商品 卸サイト一覧

 

本の紹介

おすすめ起業・投資に読みたい。お金持ちになる方法!


 

何事も成功するには、知識2割、心理面8割と言われています。貧乏脳だった私が読んで知った「お金持ちになる考え方」。様々な本を読んだ中でも、私のお気に入りは、この3冊です。
 

1)  21カ国8言語で翻訳されている世界中で読まれている本です。
「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」読後レビュー

 

2) 読んで分かる「700億を生み出す起業家の秘密」
「大富豪の仕事術」読後レビュー
 

3) 資産を気付くための収入・貯蓄・投資の原則!
「大富豪の投資術」読後レビュー
 

楽天資料請求

おすすめ無在庫ネットショップ開業もできる楽天で情報冊子を貰うには?

楽天資料請求

25万点の商品から大量データ仕入れ=無在庫ネットショップ開業ができる トップセラー も、楽天に対応しています。

資料請求では、成功事例集が貰えます。期間限定でネット販売に関する知識の情報冊子も配布して居ます。(※情報冊子は配布している時と配布していない時があるようです。)

楽天は個人起業を応援していますので、今現在、出店の予定が無くても、無料資料請求で成功事例集は貰えますよ。通常は郵送ですが、ボタン一つでPDFでも貰えます。

楽天市場出店(資料請求)

ハンドメイドの資格取得で作家になる方法

ネットに住所を出したくない

住所をネット上に出したくない悩みに

家具卸 ネットショップ手作り品等を始めとする自宅起業のネットショップで良く聞かれるのが、防犯上、「ネット上に住所を出したくない」「発送する際にも自分の方の住所などを知られたくない」では、そんな時どうしたら良いかというお話です。

関連記事ハンドメイド品販売・個人ネットショップ。住所を知られたくない2対策

 

アドセンス

-ネットショップの作り方, 仕入れ・無在庫ネットショップ