伸びる人・伸びない人の違い!伸びる人の特徴は、この言葉を使ってない!

伸びる人伸びない人 特徴

子供の頃、良く学校の先生が使う言葉に
「この子は伸びますよ~」というのがあります。

どういう子が伸びるのか?どういう子が伸びないのか?

ちょっと聞いてみたことがあるんですが、
先生曰く「人の話を聞ける子は伸びるんです」

なるほどな~、伸びる伸びないの違いって
結構簡単なんだな・・と思ったものです。

今日は大人になってから「伸びる人・伸びない人」の特徴のお話です。
成功哲学とか、あの武田鉄也さんの言葉から考えてみましょ。

誰もがうっかり発してしまいがちな自分が伸びなくなってしまう
「ある言葉」があります。ちょっと心に留めておくだけで
「伸びしろ」が増えていくお話ですよ。
 




成長を止めてしまう言葉って?

大人になっても、長い人生の中で学びは一生続きます。
けれど、それまでの人生で勉強した事が妨げになり、
成長が止まってしまう事があります。

その時に、必ず人が発している言葉があります。

「知っている」「分かってる」

もう自分は理解している、と一瞬でも思ってしまうと、
人の脳はしっかりと扉を閉めて、
新しい事を受け付けようとはしなくなるんですね。

子供の頃に言われる「人の話を素直に聞けない」と同じです。

ですが、大人の場合には、下手すると、
「何言っての?それ、間違ってるよ!」なんて
否定して脳内で反撃に出てしまう可能性すらあり、
素直に聞けない、というのは手に負えません。

大人になればなるほど、自分の理解や経験は正しいと思い込んでしまいます。
いえ、正しいと思い込まないと、自信を失ってしまい、
自分の過去を否定するように感じてしまうのかもしれませんしね。

でも「知っている」「分かってる」と思った時点で、
そこから世界は広がっていかなくなってしまうのです。
新たなものは見つからず、今までと変わらぬ狭い檻の中で
生活を続けることになってしまいます。
 

武田鉄也さんの伸びない人の話

武田さん曰く「賢い人は誰からも学ぶ」と言います。
それは、良い人からも学ぶし、悪い人からも学ぶ、という事。

理想の人から学ぶだけでなく、
酷い事を言う人や、酷い事をする人、正しくないと思われる人
周りのどんな人からも学ぶんだ、と言います。

あぁはなりたくない、という「反面教師」としてでも学ぶでしょうし、
その行いの結果として悪い状況に追い込まれた、
そんな人を見ても学ぶでしょうし、

賢い人は「どんな人、行い、物を見ても、どんな事からでも学ぶ」といいます。
 

伸びる人・伸びない人の特徴 まとめ

嫌な事、大変な事などなど人生における上手くいかない事に対しても、
否定して終わり、では何も成長はありません。伸びません。

私達の人生は、ずっと「学び」の連続。
学びを止めない人が、確実に次の物を掴むことが出来ると思います。

自分の人生で今迄に作り上げてきた思い込みの世界の中だけで
生きていくのではなく、様々な人から物から学ばせていただき、
思考の枠を乗り越えて、どんどん新たなものを吸収し、
ステップアップしていきましょ~(#^^#)